あと十年ぐらいはがんばろう

EddieTheFeminist 家庭内別居中

夢のような日々は悪夢のような日々に取って代わられる

昨日、会社で仕事してると携帯に、10日間の帰省から帰宅した妻から電話がかかる。何事かと思えば、「冷蔵庫になにも入っていない」という文句の電話だった。だって、最初から冷蔵庫はほとんど空で、賞味期限切れの豆腐が一丁あっただけなんだぜ。特別に金を渡されていたわけでもないし、一日千円以下でなんとか暮らしてきたのだ。「今日帰ってくるの知ってるんだから、気を利かせて、飲み物とか食べ物とか、いろいろ用意しとくもんでしょ」とか言われてしまいました。何より、そんなことを言いたいだけのために電話してくる精神構造もわからんのだが。