読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あと十年ぐらいはがんばろう

EddieTheFeminist 家庭内別居中

なるはや

豆腐詩

47 名前: 生涯反抗記 投稿日: 2001/08/03(金) 22:46 ID:???
窮屈な眠りからさめると まだわたしは前日に留まったままだ
知らぬ間に力をこめていた拳を 指一本ずつ緩めていく
思考に加速度がつきはじめると 記憶が嫌悪にかわる
いつもに増して酷い台詞回し 自分の役柄が世界から
取り残されていくのが判る

47。


48 名前: 生涯反抗記 投稿日: 2001/08/04(土) 01:42 ID:???
日常語訳。

なんか、体中痛くて、目をさましたら、まだ真夜中だったよ。
体の下敷きになってた手が感覚無くて、片手で、指一本一本開いてやったほどだ。
んで、昨日のことを思い巡らすと自己嫌悪に陥ってしまうんだ。
なんで考え無しに調子んのってあんなこと喋るんだろうね、おれ。
みんな引いてたじゃないか。

48。