あと十年ぐらいはがんばろう

EddieTheFeminist 家庭内別居中

「九龍」を「クーロン」と読むことについて

昔から違和感があった。官話では「ジュウロン」だし、広東語では「ガウロン」だ。「九」を「クー」と読む用例を知らない。強いて言えば日本語の「キュウ」ぐらいだねえ。まさか、台湾の「高雄」を「タカオ」って読んじゃう日本特有のズボラ言語習慣なんじゃあるまいな。

と思ってちょっと調べたら、どうやら戦時中の日本語呼称の名残らしい。なるほど。でも、なんで今でも残るんだろう?

例えば最近は「台北」はあまり「タイホク」とは読まない。私が子供の頃は結構言っていた記憶があるが、いまではあまり聞かない。みんな「タイペイ」って言う。

つまり、「タイホク」から「タイペイ」へ現地語ベースで変化したのに対し「クーロン」から「ジュウロン」への変化は起きなかった。

おそらく多分「九」を「ジュウ」と読むことにハードルが存在するからではないか。「ジュウ」は「十」だよ、日本人には。同様に「高雄」は日本人にはどう見ても「タカオ」なので「カオシュン」と発音するハードルが高い。

個人的な愚考にすぎないけど、こんなところで自分を納得させようと思う。

ミヂカニ「クーロン」トイフモノアレバ、ソレハ「ジュウロン」デアルト、オシエテマワル、ソンナモノニ、ワタシハナリタイ。

九龍城探訪 魔窟で暮らす人々 - City of Darkness

九龍城探訪 魔窟で暮らす人々 - City of Darkness

  • 作者: 吉田一郎,グレッグ・ジラード,イアン・ランボット,尾原美保
  • 出版社/メーカー: イースト・プレス
  • 発売日: 2004/02/21
  • メディア: 大型本
  • 購入: 5人 クリック: 80回
  • この商品を含むブログ (55件) を見る
 
大図解九龍城

大図解九龍城

 
最期の九龍城砦【完全保存版】

最期の九龍城砦【完全保存版】