読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あと十年ぐらいはがんばろう

EddieTheFeminist 家庭内別居中

腰痛その後:腰椎圧迫骨折か?

さて、バランスボール破裂事故から一週間がすぎ、本日某大病院にて精密検査。

激しい痛みが収まってない状態での苦行をレポートしよう。楽しんでくれたまえ。

まず起床。布団で寝てるんで、立ち上がるまでが大変。腰に変な力がかかると激痛に襲われるので、少しずつ、少しずつ足をずらし、上体を起こし、腰を持ち上げ立ち上がる。最低3回は激痛に襲われる。

起床直後は、いわゆる固まった状態。歩行一歩一歩に痛みがある。まるで苦行です。10分ほどかけてトイレ。

このぐらいから、若干楽になる。お、歩けるじゃん、って言う感じ。固まっていたものがほぐれてきた。

着替え。検査なので湿布は無しでコルセットのみ。

歩行が辛い。バス停まで、電車乗り換え、そして、目的駅から病院までの徒歩が、やはり苦行。

そして、検査。

レントゲン撮影、立った状態で7、8枚。撮影しては確認で、ずっと待たされるのは辛い。そして、横になっての撮影。これも7、8枚。これは、まあ楽だったが、問題は一度横になるとそこから立ち上がるのが一苦労。何度かの激痛を経て、なんとか終了。

診察。

骨折はないみたいですね。第三腰椎の凹みが気になるからCTI取りましょう。

CTI。

基本、ミイラみたいに寝てりゃいんだが、これが予想外の苦行。足を伸ばし、仰向けで寝ること自体が私にとっては辛い。結構な時間を我慢の苦行。

終了後、例によって起き上がるのに数分。何度かの激痛。

この後、診療に戻るのに歩行困難。脂汗かきながら先生の元へ。

骨折はないみたいですが、ヒビは絶対に入っています。念のためMRI予約しましょう。あと、コルセットつくりましょう。今日、採寸してください。

MRIは後日となった。コルセットの採寸、なんと一時間以上待ってやっと声がかかる。どうやら忘れらていたらしい(怒)。

以上、朝から行って病院を出たのが3時過ぎ。ほとんどは待合の椅子でぐったりしてただけだね。

朝と違って、帰りは歩行の辛さが倍増。CTIの苦行が一番効いたね。休み休み帰る。それでも腹は減ったので、恵比寿駅の神座。

f:id:EdieTheFeminist:20150430145252j:plain

スープが沁みる。美味しい。

 

椎間板ヘルニア・脊柱管狭窄症を自分で治すための本 (らくらく健康シリーズ)

椎間板ヘルニア・脊柱管狭窄症を自分で治すための本 (らくらく健康シリーズ)

 
ビジュアル実践リハ 整形外科リハビリテーション〜カラー写真でわかるリハの根拠と手技のコツ

ビジュアル実践リハ 整形外科リハビリテーション〜カラー写真でわかるリハの根拠と手技のコツ