読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あと十年ぐらいはがんばろう

EddieTheFeminist 家庭内別居中

私はコンビニの弁当やおにぎりのご飯が食べられない

コンビニの弁当とかおにぎりを、私は絶望的に不味いと感じているんだが、私の周囲では(付近の食堂が高価いせいもあって)結構皆購入してランチにしている。私は腹が減っていても、二口ぐらい口にすると嫌になって食べられなくなる。

たぶん、若いみんなは、そういうものだ、って思っているから疑問に思わないんじゃないだろうか。私はいい年したジジイだから、ご飯に変な味がするのが許せないだけなんだろうと思う。コンビニの工業製品的な感性にどうしても慣れることが出来ない。

工業製品化とは、効率化によるコスト削減、そして消費者の飼いならしに他ならない。

そして、最終的には、食文化は破壊され、栄養とカロリーを摂取するためだけのエサと化していくんだろう。「旨い・不味い」の価値観は最早無意味になり、レストランは全て閉店し、ガソリンスタンドみたいな餌場がそれに取って代わる。究極に効率化されるんだからね。理想郷ではないかね?

現実にカロリーメイトとかウィダーinゼリーみたいなエサ食品がでまわってるんだしね。未来は明るい。

コンビニ弁当16万キロの旅―食べものが世界を変えている

コンビニ弁当16万キロの旅―食べものが世界を変えている

 
食べてはいけないお弁当 食べてもいいお弁当 (だいわ文庫)

食べてはいけないお弁当 食べてもいいお弁当 (だいわ文庫)

 
コンビニ食と脳科学-「おいしい」と感じる秘密 (祥伝社新書170)

コンビニ食と脳科学-「おいしい」と感じる秘密 (祥伝社新書170)