読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あと十年ぐらいはがんばろう

EddieTheFeminist 家庭内別居中

ルパン三世タイトルは日本語なのにタイプライターの音をさせていることの大いなる矛盾

言語・言葉 テレビ・ラジオ・芸能

このことは昔から話題になってるだろう、

って思ったら、おかしい!っていう記事はほとんど見つからなかった。みんな寛容なんだねえ。出てくるのは入力文字をルパン三世のオープニング風に再現するサイトばっかりだ。

だってタイプ音だよ?日本語の漢字かな交じりをあのスピードでタイプって絶対できないでしょ?

その昔、日本語タイプライターは存在した。(和文タイプ)

これは仮名と漢字の膨大なパレットから一文字選んでパチン、って打つので、英文タイプみたいなスピードでは絶対に打てない。和文タイプライターはこんなやつね。

日本語タイプライター - Google 検索

私が最初に就職した職場ではベテランのお姉さんがバチバチ打って、いろんな文書を作ってくれていた。いま、記憶をたどってそのひたむきな姿を思い出して、ちょっと勃(以下略)

価値の実現のために、何かに目をつぶってしまう風潮は危険

問題は、このびっくりするような不可能性に目をつぶってしまう現象は、常識的な判断では許せないはずなのに、なぜのうのうとメディアに発露するのかっていうことなんだ。最近では「進撃の巨人」の映画で、んなら最初から足を狙って転ばせばいいじゃん、っていう議論に似ているかな。ある価値観の実現を尊重するあまり、現実の矛盾を無視しちゃう。これは受け手をバカにした愚劣な判断だと思うんだがどうだろうか?

アニメや映画ならまだいいけれど

以上は実ははっきり言ってどうでもいい。たかがアニメや映画の話だ。しかし、じつは同様のことは、もっと深刻な社会現象としてあるよね。

あの連中は(久米さんも言っていたが)去年末、ちゃんと投票に行ってるんだろうか?「違憲」だっていうなら、明らかに「違憲」な自衛隊がなぜ存在してるのか?その経緯とか知ってるんだろうか?

なんか、たいした根拠のない情緒的な価値を成立させるために、いろんな不可能性を無視しちゃう風潮は、どこからきたのかなあ。日本のテレビと新聞が諸悪の根源の様な気がするが、まあこれも私の情緒的な感想なのでさしたる根拠はない。