読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あと十年ぐらいはがんばろう

EddieTheFeminist 家庭内別居中

関ジャニ∞「侍唄」を褒める

関ジャニ∞がバンドとしてちゃんとしてるのに、今更驚いたりしますが、考えたら十分なベテランですもんね。上手くて当たりまえという気もします。一般に、アイドルだから音楽性を期待しないという態度は、よくないと思います。プロなんですから、歌も楽器も鑑賞に堪えるレベルでなければならないですよね。

録画していた「関ジャム」でドリームフェスのライブを拝見しました。「侍唄」素晴らしいですね。これは名曲ですよ。

バンドとしてのサウンドが(テレビ経由なので、どこまで判断できるか、疑問はありますが)とても良いです。錦戸亮さんのアコースティックギターが若干細いサウンドなのが気になりましたが、安田章大さんの野太いレスポールサウンドが効いていたのでトータルでオッケーです。(←偉そう)

ストリングスも加わったリッチな構成。体格から来るのか、大倉忠義さんの迫力あるビート。たぶんステージとしては最高だったんではないかなと感じました。現場のPAがどうだったかは知らんけど。

作曲は「レキシ」こと「池田貴史」さんです。「レキシ」の曲は面白いし音楽性も高いとは思っていました。しかし、コンセプトが色物っぽくて、あんまりかっこよくないなあ、っていう感想でした。聞けば楽しめるんだけど、能動的に聞こうという気持ちにはなれなかったんですよ。

でも「侍唄」には「レキシ」の色物テイストがありません。しいて言えば「僕は侍だから」のくだりですが、普通に聞くと十分現代的な言い回しに聞けてしまいますので、問題ナッシングです。

その「僕は侍だから迷いなど生じない」は渋谷すばるさんのパートですが、自分の肉体なんかどうなってもいいって感じの、突き放した渋谷さんの発声法が好きで、この部分で少し涙ぐみます。

そして続く「お帰りって君が笑うから」の部分でホントに泣けます。なんで、ってコーラスついてるじゃないですか。歌とサウンドでやられます。私の耳では誰が何度で歌ってるのかまでは判別できませんが、ちゃんとコーラス付けて歌ってると凄い頑張ってるなあ、って思っちゃうんだよね。何人もいてユニゾン?ってびっくりすることが多いことの反動だと思います。

結論めいたことを言うとすれば、関ジャニ∞はバンドだし音楽性が高い。そしてそれを支えるスタッフの、よいものを聞かせたいという不断の努力も感じる。総合的な意味で現代日本の音楽的な良心の最高峰じゃないかな、って思うんです。

つまり「侍唄」が素晴らしすぎるので。

 

侍唄(さむらいソング)(初回限定盤)(DVD付)

侍唄(さむらいソング)(初回限定盤)(DVD付)

 
関ジャニ∞の元気が出るCD!!(初回限定盤A)(DVD付)

関ジャニ∞の元気が出るCD!!(初回限定盤A)(DVD付)

 

 

SHIKIBU(CD+グッズ 初回完全生産限定盤)

SHIKIBU(CD+グッズ 初回完全生産限定盤)

 
【Amazon.co.jp限定】 SHIKIBU (通常盤) (レキシ「SHIKIBU」特製卓上カレンダー(2015.12月~2016.5月)付)

【Amazon.co.jp限定】 SHIKIBU (通常盤) (レキシ「SHIKIBU」特製卓上カレンダー(2015.12月~2016.5月)付)