読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あと十年ぐらいはがんばろう

EddieTheFeminist 家庭内別居中

梅雨よ、早く明けろ!:ところで、エルニーニョとラニーニャについて誤解していた

イタリア料理の名前だとおもっていた、とかではない。それはラザーニャだ。あと、ラニャーニャだと思っていた。なんか可愛いが、間違いだ。ラニーニャです。

さて、 これです。

あ、ごめん、間違えた。これです。

私は、碌に調べもせずエルニーニョやラニーニャが比較的局所的な現象だと思い込んでいた。南米沖の水温なんて、地球的な規模に影響を与えるはずがない、ってね。地球規模の異常気象が何らかの原因で先にあり、その結果としてエルニーニョやラニーニャが起きるのであって「ラニーニャ現象が原因で冷夏になる」っていう報道をするマスコミは、結果と相関を区別できないよくある暴走だと思っていた。

だから、上記の浅墓なツイートをしてドヤ顔してたわけだ。恥ずかしい。

気になって、気象庁の解説のページを見て青くなった。自分の不明を恥じる。南米沖ってレベルじゃないじゃないですか、あんた。太平洋横断ですよ、これは。思い込みって怖いです。

www.data.jma.go.jp

読んでもらったらわかるのでこれ以上語りません。気象って面白いですね。昨日も東京はゲリラ豪雨がありましたが、地球はこれからどうなっちゃうんでしょうかね。でも、私は温暖化にはあんまり憂慮してないんですよ。だって、いまは間氷期でこれから氷河期に向かうんですから。

 

エルニーニョ・ラニーニャ現象?地球環境と人間社会への影響?

エルニーニョ・ラニーニャ現象?地球環境と人間社会への影響?

  • 作者: 山川修治,森島済,西森基貴,川崎健,岡秀一,吉野正敏,朴恵淑,河合隆繁,原沢英夫,増田啓子,漆原和子,加藤央之,長谷川直之,栗原弘一,小柴 厚,花輪公雄,高薮縁,清木亜矢子,赤坂郁美,気候影響・利用研究会
  • 出版社/メーカー: 成山堂書店
  • 発売日: 2010/11/03
  • メディア: 単行本
  • 購入: 1人 クリック: 14回
  • この商品を含むブログ (2件) を見る
 
エルニーニョ現象を学ぶ (気象ブックス)

エルニーニョ現象を学ぶ (気象ブックス)

 
世界史を変えた異常気象―エルニーニョから歴史を読み解く

世界史を変えた異常気象―エルニーニョから歴史を読み解く