読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あと十年ぐらいはがんばろう

EddieTheFeminist 家庭内別居中

先生と言われるほどの馬鹿でなし

学生時代に塾講師と家庭教師をやりまくって、学費と生活費と酒代を自分で何とかしてたんだが「先生」と呼ばれるのは苦手だった。生徒が「せんせー」って言うのは平気なんだが、塾スタッフや親御さんに言われるとこそばゆくてね。

さて、日本語の敬語には、むづかしい部分もあるけれど、え、っていうことがたまにある。

その一

公園の看板に「鳩に餌をあげないでください」って書いてある。広尾病院前の公園ね。役人はアホかね?鳩だぜ、鳩。正しくは「鳩に餌をやらないでください」だろう。

その二

病院で尿酸生成抑制の薬を処方されたんで、処方箋をもって薬局へ。薬もらって、同封の書類をみたら、処方した医師の名前の記述に「〇〇先生」と書かれている。確かに私からすれば、自発的には「先生」でいいんだけど、なんで薬局に「先生」呼ばわりを強制されるのかね?てめえらが「先生」 と呼ぶのは俺には関係ねえだろ?

そういえば、なんの番組か覚えてないが、久米宏さんは出演アナウンサーとかを徹底的に呼び捨てで紹介してた。コレが当然だよな、て思った記憶がある。だって、番組側の人間を「○○さん」です、っておかしい。たとえ自社の社長だって、社長の「○○」です、って呼び捨てで紹介するのが普通でしょ。

日経DI薬局虎の巻シリーズ2 「処方せんチェック」虎の巻 改訂版 上

日経DI薬局虎の巻シリーズ2 「処方せんチェック」虎の巻 改訂版 上

  • 作者: 澤田康文,日経ドラッグインフォメーション
  • 出版社/メーカー: 日経BP社
  • 発売日: 2009/10/29
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • 購入: 2人 クリック: 4回
  • この商品を含むブログを見る