読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あと十年ぐらいはがんばろう

EddieTheFeminist 家庭内別居中

浜辺でチャプチャプ遊んでいるだけだと思うよ。

私は普段、feedly 登録した幾つかのフィードを、タイトルみて興味あるエントリのみ読む、という巡回を毎日やっている。

feedly.tsukaikata.info

幾つかの著名なニュースサイト、技術系のサイト、あと息抜きに「食」系。一日に未読が数百件ぐらい溜まるけど、30分ぐらいで見終わるレベルだ。タイトルだけで読まない記事が大半だしね。

話は変わるが、はてなブログで普通に記事を書いていて、feedlyに登録すると、本記事に飛ばなくても広告不表示で全文表示されるんだね。私のこのブログがどのくらい登録されているから調べてみた。

knowledgecolors.net

なんと、1件でした。しかもそれ私。意味が無いんで私は登録解除。これで、0件になるはず。きー!

そんなこんなで、私は基本的にネットでの情報は網羅してきたつもりで居る。つまり、上記ニュースサイト(どことは言わないのが私の卑怯なところ。)で、そこそこ上出来なスクリーニングがされたものとして享受してきた。新聞はとうの昔に購読をやめたし、テレビは限られた番組を決めて観るのみで、報道番組の類は殆ど見ない。いろいろ腹たっちゃうから。

流石に学者ではないので、例えば、政治や経済に造詣があるわけではないが、ネット上の信頼できるに足ると私が感じる何人かの方の記事を読むことにより、それほど間違っては居ない認識を得ることができていると思う。その方々のアンチの意見も同時に読めるのもネットの素晴らしいところ。

これで、英語や中国語ができれば、さらに言えば、欧州各国語やアラビア語とか読めたりすれば、世界は格段に広がるんだろう、とは思う。日本がいろいろ閉鎖的なのは、日本語で全ての用が済み、高度なサービスも日本語で提供できちゃっているから、というのもあるかもしれない。

国際的な活躍をしたいという野心でもない限り、日本語だけで生活を営み、生涯を全うすることができる。しかし、ネットという広大な情報の海が目の前に広がっているのだから、外国語は読めるようになりたい。せめて英語。そしたら、今後の私の行動もちったあ変わってくるってもんだろう。

 

ただ、日本がアメリカの属国になったり、中国の属国になったりしたら知らんけどね。 

英語は楽しく使うもの<2015 完全版>インターネットが可能にした最新英語習得法

英語は楽しく使うもの<2015 完全版>インターネットが可能にした最新英語習得法

 
インターネット時代の英語医学論文作成術―プロが使っている究極のワザ

インターネット時代の英語医学論文作成術―プロが使っている究極のワザ

  • 作者: 田村房子,ピーター・アンドリューカウブ,Peter Andrew Kaub
  • 出版社/メーカー: 中山書店
  • 発売日: 2006/05
  • メディア: 単行本
  • 購入: 2人 クリック: 8回
  • この商品を含むブログ (3件) を見る