読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あと十年ぐらいはがんばろう

EddieTheFeminist 家庭内別居中

風邪撃退の有効情報

風邪薬は風邪を治す薬ではなく症状を緩和して体力喪失を防ぐ薬だ。だが、風邪ウイルスを増やさない方法があるようだ。

ヒントがいくつかある。①風邪感染経路は低温、乾燥の鼻腔からで、経口ではない。②風邪ウイルスの培養は20年近く失敗を続けていたが、培養温度を体温の38℃から33℃に下げることで成功(1963年)。現在、ワクチン培養は34℃前後で行う。したがって鼻腔粘膜の温度を35度以上に保てば感染阻止は可能。③鼻腔、喉頭の効果的な局所加温ができれば短期間でウイルス殲滅が可能。④ウイルスは条件が良ければ数時間で100~1000倍のペースで増殖をするので早期、短期決戦がポイント。⑤ウイルスや細菌類は一定数に達するまでは行動を起こさない。

ということであれば、どうやれば鼻腔と喉頭部の温度を長時間(10~20時間)加温できるかを考えればよいことになる。正解は、風邪かと思ったら直ちにマスク(安物のガーゼのマスクの方が呼吸が楽)を着用し、さらに頸の前後に使い捨てカイロを1~3個セットし喉を加温し鼻腔を35度以上に保つというすこぶるシンプルな方法である。ウイルスは短時間には除去できないので、1~2日は就寝、仕事中にも着用すれば手遅れの風邪でも効果があり、勤務中でも実行可能、というのがよい。

http://agora-web.jp/archives/1560250.html より。

有効だと周知されるのは時間がかかりそうだが、記事内容を読む限り、納得できる。鼻腔内の温度を上げればいいんだね。素晴らしい。