読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あと十年ぐらいはがんばろう

EddieTheFeminist 家庭内別居中

「マハーポーシャ」(←オウム真理教)のパソコンを買った話

1993年ぐらいだったと思う。

私は某アメリカンなマシンのSE兼プログラマで食っていたが、当時のパソコンの台頭(いわゆるDOS/V)は凄まじく、卓上に乗るPCで、結構なことができることに気がついていた。私は汎用機SEに嫌気がさしていたので、パーソナルコンピュータへ仕事をシフトする覚悟を固めていた。

ついでにいうと、パソコンでのDBソフトの可能性も感じていた。汎用機ではキー付きファイルの集合に過ぎないシステムを使っていたが、パソコンでは集合演算SQLが実現されていたからね。

いろんな部品はまだ高価ではあったけど、DOS/Vという標準のおかげで、部品を収集組み立てができる、マニアにはたまらない世界に突入した時代であった。

そんな中、自作並の価格ラインナップを出してきたメーカーがあった。其の名を「マハーポーシャ」という。

私は難波のでんでんタウンにあった店で一台購入し、おもにBorlandのDelphiを使って勉強し、なんとかPCサーバーとクライアントシステムの開発スキルを獲得できた。結局は、実際にはマイクロソフトのSQLサーバーとVB、あとMSACCESSがメインになったけどね。

其の頃、秋葉原所在のPCシステム開発の会社に転職した。これが1995年。そしたら、アレだ。私は出勤があと20分遅かったら危なかった。

この時には既にあまり使っていなかったマハポーシャPCだが、廃棄した。新しく就職した会社にもマハーポーシャ製ノートがあって笑った。これは起動出来なくなって、捨てたんだが、ゴミ収集所に置いた途端に誰かが持っていった。

総じて判断するに、私はオウム真理教から、安いPCを購入したことでメリットを得た事があった、ということになる。まあ、数千円だけどね。(組み立て人件費換算)

唾棄すべき団体からパソコンを買ってしまったことに非常に後悔はするんだが、当時はそんなこと知る由もなかったので、まあ仕方なかったかなあ、という落とし所です。

ただね、私が安くていいPC手に入れたよ、って言ってたのが、私が転職します、って公言した時期だったんで、あいつは「マハーポーシャ」に転職したって噂たてられたんですよ。オウムに入信したって!えええええ?

そのせいか、その頃の知り合いは連絡取ってくれないの。違うよ、東京の健全な会社だよ!そして、いまは化粧品会社でシステム運用してる会社員だよ!

Delphi DB&Webプログラミング

Delphi DB&Webプログラミング

 
SQL Server 2012の教科書 開発編

SQL Server 2012の教科書 開発編

 
VB.NET基礎学習Bible―270例題で学ぶプログラミングの散歩道

VB.NET基礎学習Bible―270例題で学ぶプログラミングの散歩道